『ハドリアヌス帝の回想 (Mémoires d'Hadrien)』を読み解く #1

Je suis descendu ce matin chez mon médecin Hermogène, qui vient de rentrer à la Villa après un assez long voyage en Asie. L’examen devait se faire à jeun : nous avions pris rendez-vous pour les premières heures de la matinée. Je me suis couché sur un lit après m’être dépouillé de mon manteau et de ma tunique. Je t’épargne des détails qui te seraient aussi désagréables qu’à moi-même, et la description du corps d’un homme qui avance en âge et s’apprête à mourir d’une hydropisie du cœur. Disons seulement que j’ai toussé, respiré, et retenu mon souffle selon les indications d’Hermogène, alarmé malgré lui par les progrès si rapides du mal, et prêt à en rejeter le blâme sur le jeune Iollas qui m’a soigné en son absence.

Il est difficile de rester empereur en présence d’un médecin, et difficile aussi de garder sa qualité d’homme. L’œil du praticien ne voyait en moi qu’un monceau d’humeurs, triste amalgame de lymphe et de sang.

訳) 今朝、私は侍医であるエルモジェンヌのもとにむかった。彼はアジアからの非常に長い旅を終え、ヴィラに戻ってきたばかりであった。検診は何も食べていない状態で行われなければならなかったため、我々は朝の早い時間に会うように決めたのであった。マントとチュニックを脱ぎ、私はベッドに横たわった。自分自身にとっても不快な事の詳細や年老いて、心臓の水疱症により死にかけている男の肉体についての描写は控えておく。エルモジェンヌの指示により私が咳をしたり、息を吸い込み、それから止めたことや、エルモジェンヌが彼の意に反し私の病気の進行がとても早いことに対して不安を感じていること、そして彼の不在中に私を世話した若いイオラスに対して不満を募らせていたことなどは伝えておこう。

医者の前では皇帝であり続けることは難しい、また人間という肩書を保つことも困難である。医者の目は私の中にある多量の体液と、リンパ液と血の痛々しい混合物にしか向けられていなかった。



ポイント)

・à jeun = sans rien manger

・se dépouiller de = enlever, quitter

・s'apprêter à = 1) se disposer à 2) se préparer à

・rejeter le blâme sur qn = critiquer, jeter un blâme

・en présence de = en face de, devant

・praticien = médecin



解説)

la Villa: ヴィラ・アドリアーナ

→ ハドリアヌス帝が118年に建築に着手したイタリア、ラツィオ州のティヴォリにある別荘。133年完成。













別荘は見学ができる。

詳しくはこちら

https://skyticket.jp/guide/101735


la tunique

→ 古代ギリシャ、ローマなどで着られていた上着。



0件のコメント