『ハドリアヌス帝の回想 (Mémoires d'Hadrien)』を読み解く #2

更新日:11月10日

Ce matin, l’idée m’est venue pour la première fois que mon corps, ce fidèle compagnon, cet ami plus sûr, mieux connu de moi que mon âme, n’est qu’un monstre sournois qui finira par dévorer son maître. Paix… J’aime mon corps ; il m’a bien servi, et de toutes les façons, et je ne lui marchande pas les soins nécessaires. Mais je ne compte plus, comme Hermogène prétend encore le faire, sur les vertus merveilleuses des plantes, le dosage exact de sels minéraux qu’il est allé chercher en Orient. Cet homme pourtant si fin m’a débité de vagues formules de réconfort, trop banales pour tromper personne ; il sait combien je hais ce genre d’imposture, mais on n’a pas impunément exercé la médecine pendant plus de trente ans. Je pardonne à ce bon serviteur cette tentative pour me cacher ma mort. Hermogène est savant ; il est même sage ; sa probité est bien supérieure à celle d’un vulgaire médecin de cour. J’aurai pour lot d’être le plus soigné des malades. Mais nul ne peut dépasser les limites prescrites ; mes jambes enflées ne me soutiennent plus pendant les longues cérémonies romaines ; je suffoque ; et j’ai soixante ans.

訳) 今朝、忠実な伴侶であり、より信頼できる友人であり、私のことを私以上にしっている私の肉体が自身の主をむさぼりつくそうとしている陰険な怪物でしかないという考えがはじめて浮かんだ。落ち着こう、私は自分の体を愛している。この体は私にあらゆるやり方でよく仕えてくれ、今は私がこいつに必要な手当てを全て施している。しかしながら、エルモジェンヌが今もなお主張する、薬草の素晴らしい効能や東方まで探しにいった鉱物塩の正確な調合を私はもはや当てにしていない。しかしながら、この非常に頭がきれる男は人をだますにはとてもありきたりな励ましの常套句たちを私にかけるのであった。彼は私がどれほどこの種の欺瞞を嫌っているか知っているが、30年以上不都合を生ぜずに医療に携わることはない。死を私に隠すためのこの有能な奉仕者による企てを許そう。エルモジェンヌは博識で、思慮深くもある。彼の誠実さは宮廷の平凡な医者のそれよりも優れている。あらゆる看護が優先的にわたしに提供されるだろう。しかしながら、いかなるものも定められた限界を超えることはできない、腫れた脚はローマの式典の間、私を支えることができないし、呼吸も苦しい。そして、わたしは60歳である。

ポイント)

・mon corps, ce fidèle compagnon, cet ami plus sûr, mieux connu de moi que mon âme, → 同格

・avoir pour+無冠詞名詞+de+不定詞: -することを(無冠詞名詞)とする

* 無冠詞名詞の部分には目的や、使命、宿命、習慣などを意味する単語がくる

・fin = clairvoyant

・débiter = dire, prononcer

・lot = sort, destin, destinée

ひとりごと)

"on n’a pas impunément exercé la médecine pendant plus de trente ans"と"J’aurai pour lot d’être le plus soigné des malades"を訳するのにかなりてこずった。とりわけ前者の"impunément "の意味の取り方に苦戦したが、最終的には直訳のような形で落ち着いた。一方で、後者は直訳しようとするとかなり不自然な文になってしまうので意訳にした。

0件のコメント